Zabbix2.2のインストール

Zabbix2.2のインストール

はじめに

Zabbixサーバは、システム要件に記載している通り、Linux、もしくはUNIX上で動作します。
そのため、今回はCentOS 6.2 (32ビット版)を使用してZabbixサーバを構築します。

 

SELinuxが動作している環境では、Zabbixをインストールしてもサービスが正常に動作しません。
ここでは、一時的に動作モードを変更してZabbixのサービスが動作するように設定変更しておきます。
# vi /etc/sysconfig/selinux

 

「SELINUX=」の値を「Enforcing」から「Permissive」に変更します。
SELINUX=Permissive

 

【参考】
SELINUX=Enforcing  SELinuxパーミッションのチェックを行い、アクセスを拒否する
SELINUX=Permissive SELinuxパーミッションのチェックはするが実際にアクセスの拒否はしない
SELINUX=disabled   無効にする

 

コマンドから停止することも可能です。
service iptables stop

 

MySQL

インストール

# yum install -y mysql-server

 

環境設定

# vi /etc/my.cnf

 

[mysqld]のセクションに以下の6行を追加します。
default-character-set=utf8
skip-character-set-client-handshake
innodb_file_per_table
innodb_buffer_pool_size=64M
innodb_log_file_size=16M
innodb_log_files_in_group=2

 

my.cnf

 

MySQLサービスの起動

# service mysqld start

 

MySQLサービスの自動起動

# chkconfig mysqld on

 

 

Zabbix

リポジトリの登録

# rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/rhel/6/i386/zabbix-release-2.2-1.el6.noarch.rpm

 

インストール

# yum install -y zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese

 

zabbix-server-mysql :Zabbixサーバ本体
zabbix-web-mysql  :Webサーバ(Webインターフェース)
zabbix-web-japanese:日本語環境に必要なパッケージ

 

Zabbix用データベースの作成

# mysql -uroot
MySQLの対話型クライアントを起動

 

mysql> create database zabbix character set utf8;
zabbixデータベースを作成

 

mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'zabbixpass';
アカウントとパスワード(zabbixpass)を設定
パスワードは任意に変更して下さい

 

mysql> flush privileges;
設定を反映

 

mysql> exit
対話モードを終了

 

初期データベースのインポート

# cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.2.16/create/
# mysql -uroot zabbix < schema.sql
# mysql -uroot zabbix < images.sql
# mysql -uroot zabbix < data.sql

 

# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
「# DBPassword=」を「DBPassword=zabbixpass」に変更して上書き保存します。
※パスワードは任意に変更して下さい。
zabbix_server.conf

 

Zabbixサーバサービスの起動

# service zabbix-server start

 

Zabbixサーバサービスの自動起動

# chkconfig zabbix-server on

 

PHP

環境設定

# vi /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf
「# PHP_value date.timezone Europe/Riga」を「php_value date.timezone Asia/Tokyo」に変更して上書き保存します。
zabbix.conf

 

Apache

httpサービスの再起動

# service httpd restart

 

httpサービスの自動起動

# chkconfig httpd on

 

Zabbixサーバの設定

ブラウザを起動し、「http://IPアドレス/zabbix」にアクセスします。
「Next」ボタンをクリックします。
zabbix-setup-05

 

「2. Check of pre-requisites」がすべてOKになっていることを確認し、「Next」ボタンをクリックします。
zabbix-setup-10

 

「3. Configure DB connection」は以下のとおり入力します。

  • Database type:MySQL
  • Database host:localhost
  • Database port:0
  • Database name:zabbix
  • User:zabbix
  • Password:zabbix

「Test connection」ボタンをクリックし、「OK」となることを確認します。
「Next」ボタンをクリックします。
zabbix-setup-15

 

「4. Zabbix server details」は以下のとおり入力します。

  • Host:localhost
  • Port:10051
  • Name:zabbix

zabbix-setup-20

 

「5. Pre-Installation summary」の内容を確認し、「Next」ボタンをクリックします。
zabbix-setup-25

 

「6. Install」画面で、「Finish」ボタンをクリックして完了です。
zabbix-setup-30

 

言語の設定

ブラウザを起動し、「http://localhost/zabbix」にアクセスします。

  • Username:Admin
  • Password:zabbix

ユーザー名とパスワードを入力し、「Sign in」ボタンをクリックします。
zabbix-setup-35

 

Profileをクリックします。
Userタブの「Language」を「Japanese (ja_JP)」に変更し、「Save」ボタンをクリックします。
zabbix-setup-40