Zabbix2.2から3.0へのバージョンアップ

Zabbix2.2から3.0へのバージョンアップ

はじめに

Zabbix2.2を3.0にバージョンアップします。
Zabbix3.0への直接アップグレードはZabbix 2.4.x、2.2.x、および2.0.xから可能です。

 

Zabbix3.0の動作環境確認

Zabbix3.0の動作環境を満たしているか確認します。

 

Apache

# httpd -v
Server version: Apache/2.2.15 (Unix)
Server built: Dec 8 2011 18:10:49
1.3.12以降が必須なので問題なし。

 

MySQL

# mysql --version
mysql Ver 14.14 Distrib 5.1.73, for redhat-linux-gnu (x86_64) using readline 5.1
5.0.3以降が必須なので問題なし。

 

PHP

# php -v
PHP 5.3.3 (cli) (built: Aug 11 2016 20:33:53)
Copyright (c) 1997-2010 The PHP Group
Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2010 Zend Technologies
5.4.0以降が必須なのでバージョンアップする必要あり。

 

PHPのバージョンアップ方法
# yum install epel-release
EPELリポジトリを登録

 

# rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
emiリポジトリを登録

 

# yum remove php-*
旧バージョンを削除

 

# yum install --enablerepo=remi --enablerepo=remi-php56 php php-opcache php-devel php-mbstring php-mcrypt php-mysqlnd php-phpunit-PHPUnit php-pecl-xdebug php-pecl-xhprof
PHP5.6をインストール

 

エラーが表示された場合、以下のコマンドを入力しepel.repoファイルを修正して下さい。
Error: Cannot retrieve metalink for repository: epel. Please verify its path and try again

 

# sed -i 's/\(mirrorlist=http\)s/\1/' /etc/yum.repos.d/epel.repo

 

# php -v
PHP 5.6.30 (cli) (built: Jan 19 2017 08:09:42)
Copyright (c) 1997-2016 The PHP Group
Zend Engine v2.6.0, Copyright (c) 1998-2016 Zend Technologies
with Zend OPcache v7.0.6-dev, Copyright (c) 1999-2016, by Zend Technologies
with Xdebug v2.5.0, Copyright (c) 2002-2016, by Derick Rethans
PHPのバージョンが5.6.30になりました。

 

 

Zabbixサーバの停止

Zabbixサーバーを停止して、新しいデータがデータベースに追加されないようにします。

 

# service zabbix-agent stop
# service zabbix-server stop

 

既存のZabbixデータベースをバックアップ

万が一に備え、データベースのバックアップを取得します。
使用しているデータベースはMySQLです。

 

# mysqldump -u zabbix -p zabbix > /root/zabbix.dump

 

設定ファイル、PHPファイル、Zabbixバイナリをバックアップ

Zabbixバイナリ、設定ファイル、およびPHPファイルディレクトリをバックアップします。

 

# cp -r /etc/zabbix /root/zabbix-conf.backup

 

新しいサーババイナリをインストールする

# rpm -e zabbix-release
Zabbix2.2のリポジトリを削除

 

# rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/rhel/6/i386/zabbix-release-3.0-1.el6.noarch.rpm
Zabbix3.0のリポジトリを登録

 

# yum clean all
以前のリポジトリをチェックする可能性があるためキャッシュを削除

 

# yum update zabbix zabbix-server zabbix-server-mysql zabbix-web zabbix-web-mysql
アップグレードを実施

 

設定ファイルを確認する

既存の設定ファイルは名前が変更されています。
設定ファイルを見直し、正しいファイル名で保存し直して下さい。

 

ファイル名の変更
/etc/httpd/conf.d/zabbix.conf.rpmsave

/etc/httpd/conf.d/zabbix.conf

 

ファイル名の変更①
/etc/zabbix/zabbix_server.conf

/etc/zabbix/zabbix_server.conf.old

 

ファイル名の変更②/DBPasswordの再設定
/etc/zabbix/zabbix_server.conf.rpmnew

/etc/zabbix/zabbix_server.conf

 

php.iniファイル(/etc/php.ini)の
「always_populate_raw_post_data = -1」をアンコメント

 

 

サービスを開始する

# service zabbix-server start

 

# service httpd restart