死活監視の検証

死活監視の検証

ルータ(R2612)をダウンさせてトリガーの設定どおり検知できるか確認する。

 

前提条件

検証する環境が構築できていること。
R2612を監視対象にすること。
メールの通知設定が完了していること。

 

検証環境

zabbix-test-ping-05.png

 

設定内容

ホストの登録

ホスト名:R2612
SNMPインターフェース:R2612のIPアドレスを入力

 

手順は、ホストの登録を参考にして下さい。(設定時は青字に読み替えて設定して下さい)

 

アイテムの作成
名前 タイプ キー データ型 更新間隔(秒)
Pingチェック シンプルチェック icmpping

※1回につき3パケット送信。詳細→ICMPチェックパラメータのデフォルト値

数値(整数) 30

手順は、アイテムの作成を参考にして下さい。(設定時は青字に読み替えて設定して下さい)

 

トリガーの作成
名前 条件式 深刻度 説明
{HOST.NAME} is unavailable by ICMP-1 {R2612:icmpping.last()}=0 致命的な障害 Pingの応答結果の最新の値が0(Down)であれば障害と判断。
{HOST.NAME} is unavailable by ICMP-2 {R2612:icmpping.max(#3)}=0 致命的な障害 Pingの応答結果が3回連続で0(Down)であれば障害と判断。

手順は、トリガーの作成を参考にして下さい。(設定時は青字に読み替えて設定して下さい)

検証結果

名前 条件式 結果
{HOST.NAME} is unavailable by ICMP-1 {R2612:icmpping.last()}=0 アイテム設定の更新間隔(秒)に依存するため、30秒間隔のチェックとなる。早ければ数秒、遅くとも30秒後には検知できる。
{HOST.NAME} is unavailable by ICMP-2 {R2612:icmpping.max(#3)}=0 アイテム設定の更新間隔(秒)に依存するため、30秒×3回のチェックとなる。3回連続で0(Down)の時に検知する。途中で1(UP)となったらカウントはリセットされる。検知後は1回目のチェックで復旧したか否か判定される。ネットワークが不安定で短時間にDownとUpを繰り返している場合は検知できない可能性あり。

 

そのため、遅延監視パケットロス監視と組み合わせて運用するのが実用的である。

 

障害時の管理コンソール画面とアラートメール

zabbix-test-ping-10.png

 

zabbix-test-ping-15.png

 

復旧時の管理コンソールとアラートメール

zabbix-test-ping-20.png

 

zabbix-test-ping-25.png