CentOSでCPUロードアベレージを監視してみた

CentOSでCPUロードアベレージを監視してみた

はじめに

CentOSでCPUロードアベレージを監視します。
1分平均、5分平均、15分平均の3つの値が取得できるので負荷をかけてグラフ上で変動を見てみます。

 

負荷ツールは、「stress」を使用します。

環境

OS:CentOS 8.2.2004
Apache:2.4.37
PHP:7.2.25
MariaDB:10.3.17
Zabbix Server:5.0.2
Zabbix Agent:5.0.2

操作手順

Zabbixの管理コンソールにサインインします。

 

テンプレートを作成する

左サイドバーから [設定] - [テンプレート] をクリックします。
「テンプレートの作成」ボタンをクリックします。
以下の通り入力します。
テンプレート名:T_CPU_07
グループ:Templates
説明:CPUロードアベレージ
「追加」ボタンをクリックします。

 

アイテムを作成する

テンプレートの「アイテム」をクリックします。
CentOSでCPUロードアベレージを監視してみた

 

1分平均

右上の「アイテムの作成」ボタンをクリックします。
アイテムの作成画面では、監視したい項目に合わせて設定します。
名前:CPUロードアベレージ(1m)
タイプ:Zabbixエージェント
キー:system.cpu.load[,avg1]
データ型:数値(浮動小数)
監視間隔:1m
アプリケーション:CPU
「追加」ボタンをクリックします。

 

5分平均

右上の「アイテムの作成」ボタンをクリックします。
アイテムの作成画面では、監視したい項目に合わせて設定します。
名前:CPUロードアベレージ(5m)
タイプ:Zabbixエージェント
キー:system.cpu.load[,avg5]
データ型:数値(浮動小数)
監視間隔:1m
アプリケーション:CPU
「追加」ボタンをクリックします。

 

15分平均

右上の「アイテムの作成」ボタンをクリックします。
アイテムの作成画面では、監視したい項目に合わせて設定します。
名前:CPUロードアベレージ(15m)
タイプ:Zabbixエージェント
キー:system.cpu.load[,avg15]
データ型:数値(浮動小数)
監視間隔:1m
アプリケーション:CPU
「追加」ボタンをクリックします。

 

トリガーを作成する

テンプレートの「トリガー」をクリックします。
CentOSでCPUロードアベレージを監視してみた

 

右上の「トリガーの作成」ボタンをクリックします。
トリガーの作成画面では、監視したい項目に合わせて設定します。
名前:CPUロードアベレージの閾値超え
深刻度:警告
条件式:{T_CPU_07:system.cpu.load[,avg1].last()}>2
条件式は、「CPUロードアベレージが2を超えた時」という意味です。
「追加」ボタンをクリックします。

 

テンプレートをホストにリンクする

左サイドバーから [設定] - [ホスト] をクリックします。
作成したテンプレートをリンクするホストを選択します。ここでは「CentOS8-2」を選択しています。
「テンプレート」をクリックします。
新規テンプレートをリンク欄で、「T_CPU_07」をリンクします。

動作確認

「stress」ツールでCPU負荷を増やしたり減らしたりして変動を確認します。

$ stress -c 10 -t 60s
stressプロセスを10個起動し60秒負荷を与えます。

 

[監視データ]-[最新データ]をクリックします。
ホストは「CentOS8-2」を選択し、「適用」ボタンをクリックします。

 

CPUロードアベレージが取得できています。
CentOSでCPUロードアベレージを監視してみた

 

グラフです。
CentOSでCPUロードアベレージを監視してみた

 

ダッシュボードを見るとCPUロードアベレージのアラートを検知しています。
CentOSでCPUロードアベレージを監視してみた

トップへ戻る