テンプレートをホストにリンクする

はじめに

Zabbixには、よく使用される監視情報がテンプレートとして提供されています。
ホストにテンプレートをリンクするだけで簡単に監視設定ができます。
今回は、死活監視(Ping監視)のテンプレートをリンクします。

検証環境

Server:3.0.7
Agent:3.0.4

操作手順

  1. Zabbixの管理コンソールを起動します。
  2. [設定]-[ホスト]をクリックします。
  3. 監視したいホストの名前をクリックします。

    zabbix-template10

  4.  

  5. 「テンプレート」をクリックします。
  6. 「選択」ボタンをクリックします。
  7. グループを「Templates」にします。
  8. 「Template ICMP Ping」にチェックを入れ、「選択」ボタンをクリックします。

    zabbix-templatelink15

  9.  

  10. 「追加」をクリックします。
  11. テンプレートとのリンク欄に「Template ICMP Ping」が追加されたことを確認し、「更新」ボタンをクリックします。

動作確認

選択したテンプレートがリンクされていることを確認します。
zabbix-templatelink20

 

これで死活監視ができるようになりました。
死活監視の状態を確認しましょう。

 

[監視データ]-[最新データ]をクリックします。
ホスト欄の「選択」ボタンをクリックし、テンプレートをリンクしたホストを選択します。
(ここでは、「Windows2003」です)
「フィルター」ボタンをクリックします。

 

3つの項目が確認できます。
zabbix-templatelink30

 

ICMP loss:パケットロス率。通常は0パーセント。
ICMP ping:Pingの応答があれば1、なければ0になる。
ICMP response time:Pingの応答時間