LLD(ローレベルディスカバリ)

はじめに

多数のサーバやネットワーク機器を監視する場合、1台ずつ登録していくと非常に手間がかかります。そこで登録作業を自動化するオートディスカバリ機能を使用します。

 

オートディスカバリ機能には、Agent自動登録、ネットワークディスカバリ、LLD(ローレベルディスカバリ)の3つがありますが、ここではLLD(ローレベルディスカバリ)を使います。

 

3つの違いは、簡単に説明すると以下の通りです。
Agent自動登録とネットワークディスカバリは、「監視機器」が対象
LLD(ローレベルディスカバリ)は、「監視項目」が対象

 

LLD(ローレベルディスカバリ)を使用すると、監視機器に対してアイテム、トリガー、グラフを自動生成できます。これはサーバの構成(ディスクやNICの数など)が異なる場合やスイッチのポート数が異なる場合でも、動的に監視項目を設定できます。

検証環境

Server:3.0.7
Agent:3.0.4

イメージ

lld10.png

操作手順

LLDの設定手順は大きく以下の手順で実施します。

  • ディスカバリルールを作成する
  • アイテムのプロトタイプを作成する
  • アイテムのトリガやグラフを作成する(オプション)

ディスクの状態を監視するLLD用テンプレートを作成します。
監視対象のホストにテンプレートをリンクしてディスクの状態を監視できるか確認します。

 

ディスクの状態監視

  1. Zabbixの管理コンソールを起動します。
  2. [設定]-[テンプレート]をクリックします。
  3. [テンプレートの作成]ボタンをクリックします。
  4. テンプレート名:Test Template LLD Disk
  5. グループ:Templates
  6. [追加]ボタンをクリックします。
  7.  

  8. [設定]-[テンプレート]をクリックします。
  9. 作成したテンプレート(Test Template LLD Disk)の「アプリケーション」をクリックします。
  10. lld15

     

  11. [アプリケーションの作成]ボタンをクリックします。
  12. 名前:File Systems
  13. [追加]ボタンをクリックします。
  14.  

  15. 作成したテンプレート(Test Template LLD Disk)の「ディスカバリ」をクリックします。
  16. lld20

     

  17. [ディスカバリルールの作成]ボタンをクリックします。
  18. 名前:Disk Discovery
  19. キー:vfs.fs.discovery
  20.  

  21. 「フィルター」をクリックします。
  22. フィルター{#FSTYPE} 一致する @File systems for discovery
  23. 「追加」をクリックします。
  24. [追加]ボタンをクリックします。
  25.  

  26. 「アイテムのプロトタイプ」をクリックします。
  27. [アイテムのプロトタイプの作成]ボタンをクリックします。
  28. 名前:1.Total disk space on $1
  29. キー:vfs.fs.size[{#FSNAME},total]
  30. データ型:数値(浮動小数)
  31. 単位:B
  32. アプリケーション:File Systems
  33. [追加]ボタンをクリックします。
  34.  

  35. [アイテムのプロトタイプの作成]ボタンをクリックします。
  36. 名前:2.Used disk space on $1
  37. キー:vfs.fs.size[{#FSNAME},used]
  38. データ型:数値(浮動小数)
  39. 単位:B
  40. アプリケーション:File Systems
  41. [追加]ボタンをクリックします。
  42.  

  43. [アイテムのプロトタイプの作成]ボタンをクリックします。
  44. 名前:3.Free disk space on $1
  45. キー:vfs.fs.size[{#FSNAME},free]
  46. 単位:B
  47. アプリケーション:File Systems
  48. [追加]ボタンをクリックします。
  49.  

  50. [アイテムのプロトタイプの作成]ボタンをクリックします。
  51. 名前:4.Free disk space on $1 (percentage)
  52. キー:vfs.fs.size[{#FSNAME},pfree]
  53. データ型:数値(浮動小数)
  54. 単位:%
  55. アプリケーション:File Systems
  56. [追加]ボタンをクリックします。
  57.  

  58. [設定]-[ホスト]をクリックします。
  59. テンプレートがリンクされていないホストをクリックして下さい。
  60. 該当ホストがない場合は、ホストの登録を参照して新たに追加して下さい。
  61. lld30.png

     

  62. 「テンプレート」をクリックします。
  63. 新規テンプレートをリンクで、「選択」ボタンをクリックします。
  64. グループを「Templates」に変更します。
  65. 「Test Template LLD Disk」にチェックを入れ、「選択」ボタンをクリックします。
  66. 「追加」をクリックします。
  67. [更新]ボタンをクリックします。
  68. テンプレートがリンクされたことを確認します。

lld40.png

動作確認

監視対象サーバのディスク状態が監視できているか確認します。

 

[監視データ]-[最新データ]をクリックします。
lld50.png

 

ディスクの状態が監視できています。

 

 

 

ここで、ディスクを追加してDドライブとEドライブを追加します。
[監視データ]-[最新データ]をクリックします。
lld60.png

 

DドライブとEドライブの状態も監視できています。
このようにLLD(ローレベルディスカバリ)を使用すると監視項目を自動的に追加することができます。