はじめに

Zabbix Agentのインストール方法についてまとめています。

ダウンロード

Zabbixのサイトにアクセスし、環境に合わせたAgentファイルをダウンロードします。

 

Zabbix Agentのインストール

インストール

Windows

Windows Server 2019へのインストールを前提とします。
ダウンロードしたAgentファイルを実行します。

 

Configurationの画面では、以下を参考にして設定します。

パラメータ 内容
Host name 自身のホスト名を入力
Zabbix server IP/DNS ZabbixサーバーのIP / DNSを入力
Agent listen port エージェントリスンポートを入力(デフォルトでは10050)
Server or Proxy for active アクティブなエージェントチェックのためにZabbixサーバー/プロキシのIP / DNSを入力
Remote command リモートコマンドを有効にする場合、チェックを入れる
Enable PSK ZabbixサーバとAgent間の通信を暗号化する場合、チェックを入れる
Add agent location to the PATH エージェントのパスをPATH変数に追加する場合、チェックを入れる

 

管理人の環境では以下にしています。
Zabbix Agentのインストール

 

あとはデフォルトのまま進めてインストールを完了します。

 

Linux

CentOS7.8へのインストールを前提とします。

 

リポジトリを登録します。

# yum -y install epel-release
# yum -y install https://repo.zabbix.com/zabbix/5.0/rhel/8/x86_64/zabbix-release-5.0-1.el8.noarch.rpm

 

Zabbix Agentをインストールします。

# yum -y install zabbix-agent

 

Zabbix Agentの設定ファイルを修正します。

# vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf

 

以下の項目の値を設定します。
Server:ZabbixサーバのIPアドレスを入力
ServerActive:ZabbixサーバのIPアドレスを入力
Hostname:ホスト名を入力

 

サービスの自動起動を有効にしサービスを起動します。

# systemctl enable --now zabbix-agent

 

Firewallで10050ポートを開放します。

# firewall-cmd --permanent --add-port=10050/tcp
# firewall-cmd --reload

 

Firewallの設定を確認しておきましょう

# firewall-cmd --list-all
public (active)
target: default
icmp-block-inversion: no
interfaces: ens33
sources:
services: dhcpv6-client ssh
ports: 10050/tcp
protocols:
masquerade: no
forward-ports:
source-ports:
icmp-blocks:
rich rules:

トップへ戻る