zabbix_getコマンドの実行結果がエラー(Connection timed out)

zabbix_getコマンドの実行結果がエラー(Connection timed out)

Zabbixのバージョン

サーバ:3.0 / 2.2
エージェント:3.2.0 / 2.2.14

 

不具合を確認した時のバージョンです。
バージョンが異なる場合、エラー内容や設定方法が異なる可能性があります。

 

現象

zabbix_getコマンドを実行したが接続エラーになる。

 

# zabbix_get -s 監視対象サーバのIPアドレス -k agent.version
zabbix_get [11833]: Get value error: cannot connect to [[監視対象のIPアドレス]:10050]: [110] Connection timed out

 

【Zabbix3.0】
Zabbixの管理コンソールを見ると、エージェントの状態のZBXマークが赤になっており、「Get value from agent failed: cannot connect to [[監視対象のIPアドレス]:10050]: [4] Interrupted system call」とエラーメッセージが表示される。
zabbix-troubleshooting20170103-07.png

 

 

 

【Zabbix2.2】(旧バージョン)
Zabbixの管理コンソールを見ると、エージェントの状態のZマークが赤になっており、「Get value from agent failed: cannot connect to [[監視対象のIPアドレス]:10050]: [4] Interrupted system call」とエラーメッセージが表示される。

 

zabbix-troubleshooting20170103-05

 

解決方法/回避策

Zabbixが使用するポートへの接続が遮断されている可能性があります。
WindowsファイアウォールでZabbixが使用するポートが許可されているか確認して下さい。

 

Windows Server2003の場合
  1. コントロールパネルから「Windowsファイアウォール」のアイコンをダブルクリックします。
  2. 「Windowsファイアウォールによるプログラムの許可」をクリックします。
  3. 「続行」ボタンをクリックします。
  4. 「例外」タブをクリックし、「ポートの追加」ボタンをクリックします。

    2つのポートを追加します。

     

    名前:Zabbixエージェント
    ポート番号:10050
    プロトコル:TCP

     

    名前:Zabbixサーバ
    ポート番号:10051
    プロトコル:TCP

  5. 「OK」ボタンをクリックして画面を閉じます。

 

Windows7 / Windows Server2012の場合
  1. コントロールパネルから「Windowsファイアウォール」のアイコンをダブルクリックします。
  2. 「詳細設定」をクリックします。

    セキュリティが強化されたWindowsファイアウォール画面が表示されます。

  3. 「受信の規則」をクリックします。
  4. 「新しい規則」をクリックします。
  5. 「ポート」を選択して次へボタンをクリックします。
  6. 「TCP」を選択します。「特定のローカルポート」を選択し、「10051」と入力します。次へボタンをクリックします。
  7. 「接続を許可する」を選択し次へボタンをクリックします。
  8. 「ドメイン」、「プライベート」、「パブリック」にチェックが入っていることを確認し、次へボタンをクリックします。
  9. 名前を「ZabbixServer」と入力し、完了ボタンをクリックします。
  10. 再度、「新しい規則」をクリックします。
  11. 「ポート」を選択して次へボタンをクリックします。
  12. 「TCP」を選択します。「特定のローカルポート」を選択し、「10050」と入力します。次へボタンをクリックします。
  13. 「接続を許可する」を選択し次へボタンをクリックします。
  14. 「ドメイン」、「プライベート」、「パブリック」にチェックが入っていることを確認し、次へボタンをクリックします。
  15. 名前を「ZabbixAgent」と入力し、完了ボタンをクリックします。

 

Windows10の場合
  1. Windowsキー+Rを押下します。(ファイル名を指定して実行画面を表示)
  2. firewall.cpl と入力します。
  3. 「詳細設定」をクリックします。
  4. 「受信の規則」をクリックします。
  5. 「新しい規則」をクリックします。
  6. 「ポート」を選択して次へボタンをクリックします。
  7. 「TCP」を選択します。「特定のローカルポート」を選択し、「10051」と入力します。次へボタンをクリックします。
  8. 「接続を許可する」を選択し次へボタンをクリックします。
  9. 「ドメイン」、「プライベート」、「パブリック」にチェックが入っていることを確認し、次へボタンをクリックします。
  10. 名前を「ZabbixServer」と入力し、完了ボタンをクリックします。
  11. 再度、「新しい規則」をクリックします。
  12. 「ポート」を選択して次へボタンをクリックします。
  13. 「TCP」を選択します。「特定のローカルポート」を選択し、「10050」と入力します。次へボタンをクリックします。
  14. 「接続を許可する」を選択し次へボタンをクリックします。
  15. 「ドメイン」、「プライベート」、「パブリック」にチェックが入っていることを確認し、次へボタンをクリックします。
  16. 名前を「ZabbixAgent」と入力し、完了ボタンをクリックします。