ノードの登録

はじめに

NPMでは監視対象のことをノードと呼びます。
監視は、まずノードの登録から始めます。

 

検証環境

OS

Windows Server 2016 Datacenter

 

管理人が使用しているVPSサービスをご紹介しておきます。
検証目的ならConoHaが最適です。

 

ツール

  • NPM 12.3
  • GNS3 Ver2.1.10

 

トポロジー図

npm-nodeadd-03.png

操作手順

  1. NPMの管理コンソールを起動します。
  2.  

  3. [設定]-[All settings]をクリックします。
  4.  

  5. 「ノードを追加」をクリックします。
  6.  

  7. ホスト名またはIPアドレス:監視機器のホスト名(IPアドレス)を入力
  8.  

  9. ポーリング方法は以下の通り設定します。
    • ほとんどのデバイス:SNMPとICMPにチェックを入れる
    • SNMPバージョン:SNMPv2c
    • SNMPポート:161
    • 64ビット カウンターを許可にチェックを入れる
    • コミュニティー文字列:public

  10. 「テスト」ボタンをクリックします。

    (テストに成功しましたと表示されたらOKです)

  11.  

  12. 「次へ」ボタンをクリックします。
  13.  

  14. 監視するリソースが選択されたら、「次へ」ボタンをクリックします。

    npm-nodeadd-05.png

  15.  

  16. UnDPポーラーの画面ではそのまま「次へ」ボタンをクリックします。

    (ユニバーサル デバイス ポーラーはデフォルトのポーリングでは取得しないデータを取得することができます。任意に選択しても構いません。)

  17.  

  18. 「OK、ノードを追加」ボタンをクリックします。

 

R1からR4まで登録を繰り返したら完了です。

取得情報

サマリー

npm-nodeadd-10.png

 

統計情報

npm-nodeadd-15.png

 

ネットワーク

npm-nodeadd-20.png

 

インターフェース

npm-nodeadd-25.png

 

マップ

npm-nodeadd-30.png