設定を保存する

接続構成

cisco スイッチ 設定 保存

 

水色の点線は、ロールオーバーケーブルです。

コマンド

copy running-config startup-config

 

【省略形】
cop ru st

 

スイッチの設定ファイルは、RAMの中に「running-config」として保存されます。
この設定ファイルは、RAMに保存されるので、ルータの電源を切ってしまうと消えてしまいます。
そこで、電源を切っても消えないNVRAMの中に「startup-config」として保存します。

 

スイッチの設定を保存する時に使用します。
設定を変更した後は、必ず保存する習慣をつけておきましょう。
意外と忘れがちです。

設定例

Switch(config)#copy running-config startup-config
Destination filename [startup-config]?そのまま「Enter」キーを押下します
Building configuration…
[OK]
Switch#

補足情報

設定の保存では、copy run start を使用しますが、
write memory コマンドを使用することもできます。

 

省略するなら、wr のみでOKです。

 

SwitchA#wr
Building configuration...

 

SwitchA#

 

ベテランのエンジニアは、wr を使用する人が多いと思いますが、
writeコマンドは、将来、削除が予定されています。

 

IOSのバージョンアップに伴い、writeコマンドが使用できなくなる可能性があるため、
今のうちにcopyコマンドを使用する習慣をつけた方が良いです。